性行為後に服用するアフターピルの買い方は

アフターピルは、性行為の際に避妊に失敗した場合に、後から飲んで避妊を回避する緊急避妊薬です。アフターピルの買い方は、低用量ピルと同様、婦人科を受診して処方してもらいます。これは、ドラッグストアなどで市販されていないためです。また、全ての婦人科でアフターピルを取り扱っているわけではないので、事前に問い合わせてから受診します。
アフターピルは、性行為のあと72時間以内に服用する必要があり、早く服用するほど成功する確率が上がります。また、婦人科では緊急避妊用として処方されるので、予備用として処方してもらうような買い方はできません。万が一のときのためにアフターピルを準備しておきたい人のための買い方として、個人輸入代行サイトでの購入という方法があります。
ピルは、海外では市販されているため、個人輸入で購入することができますが、自分で行うには手続きが大変です。個人輸入代行サイトなら、一般の通販サイトと同様、手軽に購入することができます。ただし、医薬品ですので、信頼できるサイトで正規品を購入するようにしましょう。
アフターピルには、中用量ピルのプラノバールを2回服用するヤッペ法と、緊急避妊用の薬ノルレボ錠を服用する方法があります。いずれも、避妊に失敗した性行為のあと、なるべく早く服用します。ヤッペ法では、副作用として吐き気が強く出て、嘔吐する人もいます。ピルを服用してから短時間のうちに嘔吐した場合には、薬の成分が体内に吸収されていない恐れがあるため、再服用します。2回めは、1回目の12時間後に服用します。ノルレボ錠は、副作用が少なく、服用も1回で済みます。
アフターピル服用後、生理が来たら、避妊が成功したことが分かります。生理の予定日を1週間過ぎても始まらない場合には、妊娠している可能性があります。

ページの先頭へ戻る