アフターピルと普通のピルによる体重増加とヤーズ

アフターピルというのは、コンドームなどのよくある方法で避妊をしたものの、途中で破れたり脱落してしまうなどして失敗してしまったときに、望まない妊娠を避けるという意味で、緊急に服用するための避妊薬のことをいいます。また、通常のピルは、計画的に毎日服用することによって、確実に避妊の効果をもたらす医薬品のことをいいます。
アフターピルも、ふつうのピルも、いずれも黄体ホルモン、卵胞ホルモンを両方含むか、またはどちらかをメインにしたホルモン剤の一種です。ただし、目的が異なるため、同じホルモン剤とはいっても、その成分の配合比などが異なっています。
アフターピル、ふつうのピルともに、さまざまな種類がありますが、比較的新しく登場したものとして、ヤーズとよばれる銘柄のものがあります。一般的に、ピルを服用すると、吐き気や頭痛などの副作用のほかにも、体重増加などの副作用が生じることがあるといわれています。この体重増加に関しては、科学的には明確にピルが原因であるとは確認ができていないのですが、実際問題として利用者の一部からの声として挙がっているということは事実といえます。
ヤーズは第4世代とよばれる種類の低用量ピルで、これまでの製品とは成分の異なる黄体ホルモンを使用しています。そのため、この体重増加の副作用がないほか、ニキビなどの減少といった副次的な効果も期待できるといわれています。
ヤーズは28錠入りのパックになっていますので、生理の周期にあわせて、毎日1錠ずつを順番に服用することになります。実は後半のほうの錠剤は、飲み忘れを防ぐためのプラセボ錠、すなわち有効成分がまったく含まれていない錠剤ですが、きちんと習慣づけて飲み続けるようにします。

ページの先頭へ戻る