体への負担が大きいアフターピルの服用と異常妊娠

体への負担が大きいとされるアフターピルですが、女性の体を短時間で妊娠状態にするだけなので、異常妊娠をする可能性はありません。しかしアフターピルに関しては、体に対する負担が低用量ピルに比べると大きいので、緊急避妊以外には処方されることはありません。アフターピルの副作用としては頭痛や吐き気、腹痛などがありますが、中用量ピルに比べると症状が軽いので、女性の体に対する負担が大きい中用量ピルによる緊急避妊よりも優先されるようになっています。アフターピルを服用して、体に異常が出た場合でも効果が切れると元の状態に戻るのであまり心配がないとされていますが、血栓症によるふくらはぎの痛みなどの異常に関しては、注意をしておかないと重症化の恐れがあります。アフターピルは黄体ホルモンを増加させることで、子宮を妊娠している状態にするので、射精しても受精する可能性がなくなります。避妊率は24時間以内ならば95%以上なので服用するとほぼ確実に避妊をすることができますが、72時間経過すると80%程度の避妊率になるので、膣内射精に気がついたらなるべく早くアフターピルを処方してもらうことが必要です。また72時間を超えている場合でも服用すると高い確率で避妊ができるので、婦人科を受診して医師と相談をすると適切な処置をとることができます。避妊は基本的には低用量ピルで行うことになっていて、生理周期に合わせて服用するようになっています。低用量ピルの場合は妊娠状態を継続させることができるので、妊娠するリスクを下げることができて、さらに副作用などのリスクも低いので、アフターピルを服用するよりも安全性の高い避妊方法として一般に普及しています。

ページの先頭へ戻る