アフターピルによるしびれや続発性無月経

コンドームやピルなど避妊のためのものはさまざまあります。ただ、予定外の性行為やコンドームの破れなど不意の事故が起こらないとも限りません。そんなときに役に立つのがアフターピルです。望まない妊娠を防ぐための最終手段なのです。
排卵を抑制したり遅らせたりすることで受精を妨げたり、子宮への着床を阻止することで80パーセントほどの確率で妊娠回避できます。ただ、中絶とは異なり、受精卵が着床したあと服用しても効果はありません。

強制的に生理を起こして避妊させるアフターピルは低用量ピルよりも女性ホルモンが4倍近く、副作用も出やすいです。主な副作用としては嘔吐や胃のむかつき・頭痛などがあります。ただ、これらの症状は1日程度で終わり、ずっと続くことはほとんどありません。
手足のしびれが起こる場合もあります。ほとんどの場合は健康に問題がない程度のしびれなのですが、皮膚が変色したり強い痛みを伴う場合は血栓症となっている可能性もあるので病院にいくようにしましょう。妊娠に対してやアフターピルを使用することに対する不安からか呼吸になって指先のしびれが起こるばあいもあります。

続発性無月経になる場合もあります。続発性無月経というのは以前は継続して訪れていた月経が起きなくなる症状のことです。続発性無月経の原因として考えられるのはストレスや急激なダイエットなどによるホルモンバランスの変化です。アフターピルを服用することで女性ホルモンの分泌が減少したときも同じようにこの症状が起こる可能性もあるのです。

アフターピルはさまざまなトラブルの原因となる危険性のある強い薬です。避妊を望むのであれば低用量ピルを使用するようにし、安易にアフターピルは使わないほうがよいでしょう。

ページの先頭へ戻る