アフターピルで起こるむくみにはウコンがおすすめ

アフターピルは避妊が失敗した際に使用される緊急避妊薬で、女性ホルモンのバランスを大きく変化させることで、生理を早めて排卵をさせるか、または排卵を抑制して受精および着床を回避するための方法です。アフターピルに配合されたホルモンは肝臓によって代謝されるため、非常に負担がかかりやすくなります。肝臓の働きが鈍るとアルブミンと呼ばれるタンパク質が生成されずに、足などにむくみが起こりやすくなります。アルブミンは血液中に存在する水分を血管内に留める働きがあり、肝臓が弱ることでアルブミンの量が減少すると、血管内に水分を抑えることができなくなり、外にしみ出すようになります。結果的に細胞間に水分が溜まり、体中のあちこちでむくみが生じるようになります。アフターピルは大量の女性ホルモンを摂取することになるので、肝臓への負担が大きいと言われています。そのため、服用するとむくみが起きやすくなるため、ウコンを摂取すると良いと言われています。ウコンは別名ターメリックとも呼ばれ、二日酔いに効果的と言われており、お酒を飲む前に飲むドリンクなどに使用されています。また、カレーの色づけなどにも使用されていますが、肝臓に良い影響を与えるスパイスとも言われています。インド製の生姜とも言われており、血液の巡りを良くするだけでなく、肝臓の機能を向上させるためアルブミンの働きを良くすることで、むくみにも効果的となります。アフターピルを使用してむくみが現れる人は、ウコンのドリンクやサプリメントなどで摂取すると解消されることもあるので試してみましょう。ただし、過剰摂取するとアフターピルの作用を妨げる可能性もあるので、ほどほどに摂取するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る