おりものの変化とアフターピルとがんとの関連性

避妊方法にはさまざまなものがあり、また避妊に用いられるピルにもさまざまな種類があります。
低用量ピルから中用量、超低用量、あるいは緊急避妊薬であるアフターピルです。
アフターピルはとても効果が高いので急激にホルモンバランスが変化し、おりものが多くなることがありますが、基本的には細菌が増殖していないのでおりものから気になる臭いなどないとされています。もし、おりものから臭いがある場合には色などを確認して感染症の有無を確認するとよいでしょう。
また、低用量ピルはホルモン量が少ないため、発がん性の確立も少なく、安全性が高いといられています。
病院で処方を受ける場合に医師によっては「子宮がんなどの検査の有無を確認されることがありますが、アフターピルとがんの関係性はありませんので安心しましょう。
また、産後は体力が回復していないので、基本的には避妊をして妊娠を予防しなければならないので、産後の性行為中にコンドームの破損や予期しない形で避妊に失敗してしまった時にはアフターピルを用いると良いでしょう。
その他に注意しなければいけないこととして、アフターピルを服用することで大量の女性ホルモンが体内に入ってくるため、腹痛や吐き気、胸が張ったりとする症状が起こります。
また正しい服用方法を確認せず勘違いして使用することで、避妊効果が著しく低下しますので、必ず使用方法を確認しましょう。
アフターピルを病院で購入する場合に保険適用外の自由診療に含まれます。
妊娠を望まない方であれば、とても大きな出費となりますのでコンドームなどの避妊具の正しい装着とパートナーと妊娠に対する正しい理解を得たうえでリスクを考え行動することがとても重要です。

ページの先頭へ戻る